ターミナルスクエア

2009年4月、政令指定都市へ移行した岡山市。21世紀の中国・四国圏の拠点としていっそうの発展が期待される岡山駅前に位置するターミナルスクエア。快適性・機能性・安全性に配慮した設備で新たなビジネスシーンの形を実現します。

最高の立地と
優れたアクセス性

JR岡山駅地下一番街より直結。徒歩約1分の好立地

岡山駅の地下通路から直結しており、悪天候の日も快適にアクセス可能。周辺には多くの飲食店・銀行店舗等のサポート施設も充実しています。

地域との調和を目指して

公開空地を活用し周辺の環境向上に努めています

岡山駅前のランドマークタワーとして、ビルご利用者以外にも活用いただけるよう公開空地を、広い通路としています。また樹木やベンチを設置するなど、地域の一員として駅前広場周辺の環境向上に努めています。

公開空地を活用

環境・省エネへの配慮

外部の影響を受けにくい構造

ダブルスキンとエアーフロー方式により、外壁からの冷暖房負荷の低減と2重ガラスの間に設置されたブラインドにより外気からの貫流熱負荷の低減を図った設計を採用しています。これにより過ごしやすいオフィス空間を実現。環境にも配慮するとともに、ランニングコスト低減をサポートします。

ダブルスキンとエアーフロー方式

ブラインドを閉じることで日射による熱や外の冷気の室内への進入を防ぎます。またダブルスキン内の暖められた空気または外気により冷やされた空気を直接排気することにより外部の影響を受けにくい構造になっています。

安心のセキュリティ

昼間・夜間も安心

平日7時~22時の有人警備、夜間22時~翌7時までの機械警備との組合せにより合理的な警備体制を実現。機械警備中は、中央監視センターで監視されており、24時間安心して入館できます。
※土日祝…有人警備:7時~21時 / 機械警備:22時~翌7時

安心のセキュリティ

建築物としての高い評価

2008年度 日本建築学会作品選集に掲載

日本建築学会が刊行している優れた建築作品を発表している作品集に掲載されました。

2007年度 岡山市まちづくり賞 建築物部門の受賞

岡山市が主催する、良好な景観形成や地域の魅力あるまちづくりに寄与した建築物として選ばれました。

区画情報

目的の階をクリックしてください
13F 屋上
12F 貸会議・貸ホール
11F オフィス
10F オフィス
9F オフィス
7・8F オフィス&クリニック
3F〜6F オフィス
2F ライフ&カルチャー
1F ライフ&カルチャー
B1F 駐車場

区画図

1F

ターミナルスクエア区画図面1F

2F

ターミナルスクエア区画図面2F

3F-9F・11F

ターミナルスクエア区画図面3F-9F・11F

10F

ターミナルスクエア区画図面10F

12F

ターミナルスクエア区画図面12F

ターミナルスクエア最上階の12Fを貸会議室・貸ホールとしてご利用いただけます。

詳細はこちら

施設概要

ターミナルスクエア
名称
ターミナルスクエア
所在地
〒700-0024
 岡山市北区駅元町1番4号
延床面積
11,173.36㎡
設計施工
(株)竹中工務店
施工
2006(平成18)年1月
階数
地下1階 地上13階
構造規模
鉄骨造(耐火構造)
高さ
最高の高さ 54.70m
基準階階高 4.00m
昇降設備
乗用17人×2台 乗用20人×2台
駐車場
空冷ヒートポンプパッケージエアコンによる個別分散方式
照明設備
室内平均照度 700ルクス